ムダ毛処理方法

自分で脱毛する際の方法と注意点

もっと手軽に簡単に、自宅でムダ毛を処理したいという人は、まず「カミソリとクリーム」などを思いつくでしょう。カミソリやクリームは簡単にできる反面注意も必要です。
また一昔前は線香で焼き切るという方法もありました。こちらもやけどなどの注意は必要ですが上手にやればきれいに仕上げることができるやり方です。

手軽にできるカミソリ

一番手軽にできるやり方かと思います。カミソリは薬局だけでなく百円ショップなどでも安く手に入れることができるので、ちょっとしたムダ毛処理には向いているかもしれません。
必ず石鹸などで肌のすべりをよくした上で行いましょう。また切れ味の落ちたものは使わないようにしてください。
カミソリで処理をする場合、表面の肌も傷つけていることがあります。実は非常に負担がかかるやり方です。黒ずみなどの原因にもなるのであまりおすすめできないやり方でもあります。

薬局でも手に入る除毛ムース

「脱毛ムース」と呼ばれることもあります。「除毛」とは体の表面の毛をとかしてなくすことを指し、「脱毛」とは毛根から抜き去ることを指します。
除毛ムースだと毛の断面をきれいに溶かしてくれるので、剃った場合よりもきれいに仕上がります。また薬局などで手に入れることができ、お風呂で処理ができるのでお手軽でもあります。
ただし肌に合わない場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。

線香で焼き切る方法

昔はお線香でムダ毛を焼き切る方法が流行っていたようです。不安定な炎よりも扱いやすく、また毛の断面を焼き縮めるので仕上がりもきれいになります。コンビニなどでも安く手に入る他、最近ではアロマなどとしても販売されているので入手しやすさも魅力的です。
蚊取り線香のような渦巻き型のものよりも、仏壇などに供える棒状のものの方が使いやすいでしょう。
体毛は焼けると独特な臭いを発します。また当然やけどの恐れもあるので注意が必要です。また一本一本処理をしていかなければならないため、手間がかかります。
自宅でムダ毛処理をする際には、できるだけ肌に負担をかけないよう注意してください。誤ったやり方をすると肌トラブルの原因になります。

関連記事です♪